トキヤの食・酒BLOG

訪ねてみて幸せだった美味しいお店、紹介しています。食べることが好きな方大歓迎

坂をのぼると、雰囲気のいい南米の小屋が【ミラフローレス:渋谷】

世界のトキヤシリーズ第20回。
今日は南米の国、ペルーに来ました。

ミラフローレス

ミラフローレス
渋谷駅からはセルリアンタワーの裏手、閑静な住宅街の中にあります。

店内

店内

店内は現地を再現しているという、雰囲気のいい山小屋のようです。かかっている絵がいいですね。


日本語が達者なお店のひとにメニューを聞きながら、あれこれ注文してみました。


紫玉蜀黍の炒め

お通しのようにでてきたのは、紫とうもろこしを揚げたものだとか。
紫とうもろこしって初めて聞いたものなので、店員さんに聞いてみるとペルーの絵を持ってきてくれました。


紫玉蜀黍

確かに紫色のとうもろこしが。他にも赤や白のとうもろこしもあるとか。上のほうに描いてありますね。


チラディト デ ペスカード

最初に来たのは「チラディト デ ペスカード」
白身魚をレモンでマリネしたものです。鮮やかなオレンジ色のソースと、白いとうもろこしが興味をそそりますね。


チラディト デ ペスカード

ヒラメに絡みつくソースはピリッとした辛さの後で、レモンの爽やかな味に仕上がっています。
白いとうもろこしもボリュームがあって、とても美味しい。


アヒマリオ

味付けについて店員さんに聞いてみると、「アヒマリオ」という唐辛子を使っているんだとか。
現物を持ってきてくれました。とても大きくて、オレンジ色のピーマンのようです。


カラマル レジェーノ

つづいて、「カラマル レジェーノ」というイカの中にご飯とツナを入れて蒸した料理が。ホワイトソースが美味しそうです。


カラマル レジェーノ

切ってみると、弾力のあるイカの中に、確かにご飯が入っています。ペルー流のイカめしといったところでしょうか。
イカとご飯、ツナがホワイトソースの味付けで、しっとり優しくいただけます。


カラマル レジェーノ

このホワイトソース、玉葱やとうもろこしなど日本でも使われている食材なんですが、ペルー風の味付けがいいですね。
日本にはない味です。


アロス コン マリスコス

最後にいただいたのは、「アロス コン マリスコス」というパエリアのような料理。
ペルーはスペイン領だった時期が長いので、スペイン料理に近いものもあるんですね。


アロス コン マリスコス
アロス コン マリスコス

食べてみると、スペインのパエリヤとの違いがよく分りません。魚介の出汁がよく出ていてご飯が美味しく炊き込まれています。


アロス コン マリスコス

バラの花を模ったニンジン。こんなところにもシェフの腕と遊び心が伝わってくるようです。

美味しいペルー料理に舌もおなかも大満足。渋谷から歩いていけるペルー。また来てみたいお店ですね。


※ペルー共和国
ナスカの地上絵やインカ帝国の遺跡、マチュピチュの遺跡など世界遺産の多い国。
アンデスの山の幸と、南太平洋の海の幸をたくみに使った美味しい料理の多い国です。
首都 リマ
人口 およそ2600万人


(データ)
ペルー料理 ミラフローレス
渋谷区桜丘町28-3
03-3462-6588
営業時間  11:30~15:00 17:00~23:00
定休日  日曜日
駐車場  なし


関連記事

 世界のトキヤ

2 Comments

かしわの鳶  

トキヤさん

魚介系の料理
美味しそうですね~
かろうじてわかる
ような気がするのは
パエリアもどきぐらいですね

2010/06/06 (Sun) 11:57 | REPLY |   

トキヤ  

かしわの鳶さん

ペルー風いかめし、とても柔らかくて美味しかったですよ。
渋谷に行く機会あれば、ぜひ。

2010/06/07 (Mon) 10:11 | REPLY |   

Leave a comment