トキヤの食・酒BLOG

訪ねてみて幸せだった美味しいお店、紹介しています。食べることが好きな方大歓迎

【割烹】名物の痛風玉子に、アジとサーモンのレアカツ【酔狂割烹 伊達:日本橋】

日本橋にいました。

20231023_173742.jpg

酔狂割烹 伊達。
この8月にオープンしたばかりの、日本料理のお店です。
二階の個室は、お客さんがたくさん。


20231023_175652.jpg
20231023_175636.jpg
20231023_175434.jpg

面白そうなメニューがあれこれ。
アラカルトで頼むこともできますが、この日はお店のおすすめが詰まっているという「酔狂コース」をお願いしました( ^ω^ )
※メニューの画像は、クリックすると拡大されます。


20231023_180126.jpg
20231023_180329.jpg

まずは、生ビールでおつかれさま。
お通しの伊達せんは、かりっとしたせんべい生地の上に、大葉、クリームチーズ、赤海老、とびっこ。
ひと口で食べると、混じりあって絶妙なハーモニー(゚∀゚)


20231023_181312.jpg
20231023_181358.jpg
20231023_181427.jpg

ふた品の珍味は、鯛の内臓の塩辛「鯛わた」胡瓜と、鰹の身に鰹の酒盗を絡めたもの。
どちらも旨みがぎゅっと凝縮、日本酒がほしくなる味です( ^o^)ノノシ


20231023_181541.jpg

旬野菜の胡麻和えは、グリーンリーフにルッコラ、紫キャベツ。
新鮮な野菜に、胡麻がふわりと香ります(o゜◇゜)ゝ


20231023_183017.jpg
20231023_183034.jpg
20231023_183049.jpg
20231023_183358.jpg
20231023_183504.jpg

名物の痛風玉子が到着しました。
いくら、とびっこ、生湯葉の上にはあん肝ソースと雲丹がとろり。
左には、卵黄の醤油だれ漬けに、米艶という玉子の白い卵黄。
よく混ぜ合わせて、海苔に乗せていただきます。
卵黄の濃厚な味わいに、とびっこ、いくらのプチプチ、雲丹の旨みを生湯葉がとろりとまとめて美味ヽ(´▽`)/


20231023_184907.jpg
20231023_185015.jpg

自家製の、味噌漬け牛たんハム。
柔らかくて、タンの旨みたっぷり。柚子胡椒がピリッと合います(*゚▽゚)ノ


20231023_190740.jpg
20231023_190809.jpg
20231023_190845.jpg
20231023_191025.jpg

こちらも名物の、アジとサーモンのレアカツ。
サクサクの衣に包まれた、アジとサーモンはレアでしっとり
アジは塩でさっくりと、サーモンにはタルタルがよく合います(≧∇≦)/


20231023_195350.jpg
20231023_195432.jpg

コースに追加で煮魚をいただきました。
柔らかく煮込まれた銀ダラは脂もノリノリ、豆腐や野菜にも味が染み染み(^O^)


20231023_193139.jpg
20231023_193630.jpg
20231023_193958.jpg
20231023_194025.jpg

牛すき焼き小鍋は、白い卵黄の米艶でいただきます。
わりしたの効いた柔らかな牛肉の旨みに、白い卵黄がとろりと絡みます。
玉子が美味しいと、すき焼きの味も倍増しますね~(σ≧▽≦)σ


20231023_202954.jpg
20231023_203033.jpg
20231023_202508.jpg
20231023_202656.jpg
20231023_202753.jpg

〆は、いくらおろしの乗った半田そうめんに、目の前で山山葵をおろす涙飯。
鰹節ごはんの上に乗ったおろしたての山山葵は、むせるほどの刺激と、鼻を抜ける香り。
慣れてくると、ほどよい辛みがクセになりそうな爽やかな味です(*゚▽゚)ノ


20231023_203205.jpg

メロンとオレンジでごちそうさま。
独創的なくずし割烹の料理の数々、満喫しました。
痛風小鍋も気になりました。また来たいですねo(^▽^)o



(データ)
酔狂割烹 伊達 くずしかっぽう だて
中央区日本橋2-2-15 森井ビル1F
03-6281-8360
営業時間  11:00~14:30 17:00~23:00
無休
完全禁煙
駐車場  なし



関連記事

 日本料理・懐石

0 Comments

Leave a comment