今朝から新宿3丁目で健康診断。
朝から何も食べていないので、空腹です。無性に天ぷらが食べたくなって、来てみたのはこちら

新宿 つな八

新宿つな八本店
創業大正13年の、老舗の天ぷら屋さんです。新宿三越の裏手。ビル群の中でここだけ昔のままの雰囲気です。


店内

店内に入ると、大きなカウンター席が。
昼下がりの時間だったので、お客さんがたくさん入っています。いっぱいだったので奥にある二つ目のカウンターに。
目の前で、揚げた天ぷらを揚げたそばから順番に出してもらえるのは嬉しいですよね。


天麩羅膳

で、まずは「お揃い」と呼ばれるご飯、味噌汁、香の物が運ばれ、さっそく海老天が2本揚がりました。


塩

天ぷらにつける塩は、テーブルに常備してあります。
普通の塩のほか、紫蘇塩、抹茶塩があります。これが、揚げたての天ぷらに絶妙に合うんですよね。楽しみ。


海老・きす

と、言ってる間にきすも揚がってきました。熱いうちにいただきます。


海老

まずまずの大きさの海老は、アツアツでプリプリしています。
天つゆもいいんですが、さっきの塩をつけると衣のサクサク感がそのまま味わえますね。紫蘇塩も合う!
空腹のおなかに、ご飯がパクパクすすみます。


きす

きすの白身もしっとりしていて、美味です。揚げ油は、特製の太白胡麻油のみにこだわっているとか。
それで、サクサクしていてくどくない、美味しい衣ができるんですね。
カウンターの中の、次の天ぷらを揚げるいい音と、胡麻油の香りも感じながら食べる天ぷらは本当に旨い。


店内

お店の人が、おもむろに穴子をさばき始めました。
注文が入ってから、こうしてさばくんですね。手際のよさに、つい見入ってしまいます。


口替わり

野菜の天ぷらも食べた後に「口替わり」として、一品出てきます。
今日は、カリフラワーの酢の物。ちょっと口の中が油っぽくなりつつあったので、さっぱりと美味しい。
この一工夫で、この先の天ぷらも美味しくいただけるんですね。老舗の心遣いはさすが。


穴子

で、さっき下ろしたばかりの新鮮な穴子。サクサクの衣の中の穴子はふわっと柔らかく、脂がよく乗ってます。
新鮮でいい穴子は、こんなに美味しいんですね。


かき揚げ

最後はボリューム満点の小海老のかき揚げ。
天つゆをしっとりつけて、ご飯をかき込むには最適です。味噌汁のシジミも出汁がよく出ていて満足。

久しぶりに、美味しい天ぷらを満喫しました。
人気の老舗は全国に支店を展開していて、持ち帰り専門店を除くとその数28店舗。
柏のステーションモールにも入っていますね(千葉県ではこの1店舗のみ)。
地元のお店も、ぜひ行ってみようと思いました。

新宿つな八HP

(データ)
天ぷら 新宿つな八 総本店
新宿区新宿3-31-8
03-3352-1012
営業時間   11:00~22:30
無休 (年末年始を除く)
駐車場  なし