トキヤの食・酒BLOG

訪ねてみて幸せだった美味しいお店、紹介しています。食べることが好きな方大歓迎

【フレンチ】サクッと軽いタルトフランベは、フランスアルザス地方のピッツァ【ラシゴーニュ:水天宮】

水天宮にいました。

P1890296_convert_20160303233258.jpg

LA CIGOGNE ラシゴーニュ。
日本では数少ない、フランス・アルザス地方の郷土料理「タルトフランベ」専門店です。


P1890307_convert_20160303233400.jpg
P1890303_convert_20160303233728.jpg

とりあえず、おつかれさま~。

フランベとは「燃やされた・焼かれた」という意味で、パン生地を高温の石釜で焼いた料理。フランスで石釜でパンを作る際余ったパン生地を薄く延ばし、玉ねぎ、フロマージュブランと呼ばれるヨーグルトのようなフレッシュチーズをかけて焼いたのが始まりです(HPより)

オリジナルのタルトフランベは10種類以上、あれこれ食べたいのでハーフ&ハーフで注文( ^ω^ )
※メニューの画像は、クリックすると拡大されます。


P1890311_convert_20160303233325.jpg

タルトフランベを待っている間に、前菜の盛り合わせを。
ピクルスにスモークドハム、パテ・ド・カンパーニュ、砂肝のコンフィ、猪のリエット。


P1890319_convert_20160303233453.jpg
P1890313_convert_20160303233427.jpg

パテ・ド・カンパーニュはしっとりなめらか。猪のリエットもくさみなくコンビーフのような味わい。
ピクルスの酸味が、よく合いますね(゚∀゚)


P1890324_convert_20160303233520.jpg

タルトフランベが焼けてきました。チーズを塗った薄い生地に具材もたっぷり。
注文したのはシュークルート(自家製ソーセージ・スモークベーコンとザワークラウト)とカナール(鴨のロースととフォアグラ)のハーフ&ハーフ。


P1890333_convert_20160303233551.jpg
P1890337_convert_20160303233621.jpg

タルトフランベは、手で巻いて食べます。
このお店では素材の味だけでなく、塩味、酸味、甘み、食感のバランスにこだわりがあるそう。

カナールは、鴨の旨みにとろけるフォアグラ、クルミとクッキーの食感・甘みをバルサミコが爽やかにまとめます。
ジューシーなソーセージにさっぱりとしたシュークルートには、リンゴとレーズンの甘みとポテトの食感をプラス。
いずれも、奥行きの深い味ヽ(´▽`)/


P1890352_convert_20160303233657.jpg
P1890358_convert_20160303233211.jpg

最後に甘めのタルトフランベ、ポム。
しっとりとした焼きリンゴにカルヴァドスのコク、シナモンの香りがサクサクの生地に合いますね。これも美味しい。

ほかのメニューも気になりました。また来たいですねo(^▽^)o



LA CIGOGNE HP



(データ)
LA CIGOGNE ラシゴーニュ
中央区日本橋蛎殻町2-14-4
03-5623-4520
営業時間           17:30~22:30(火)
        11:00~14:00 17:30~22:30(水~金)
        11:00~14:00 17:30~22:00(土)
        11:00~14:00 17:30~21:00(日)
定休日  月曜日・祝日
完全禁煙
駐車場  なし



関連記事

 フレンチ

2 Comments

お尋ね者♪-_-#  

フレンチタコス♪φ(.. )

celebrity~>°))))彡♪( ^-^)_旦~

2016/03/04 (Fri) 10:25 | REPLY |   

トキヤ  

お尋ね者♪-_-#さん

フレンチタコスは、クセになる味~(*・ω・)ノノシ

2016/03/04 (Fri) 19:27 | REPLY |   

Leave a comment