トキヤの食・酒BLOG

訪ねてみて幸せだった美味しいお店、紹介しています。食べることが好きな方大歓迎

佐藤黒麹 定価で購入する方法

今日は貴重な焼酎を開けました。

佐藤黒
佐藤 黒麹

とても甘くしっかりした芋の香りと、口に含んだときの強いコク。黒麹特有の香ばしい風味が鼻腔を突き抜ける感じがとても心地いい。豪快な切れ味とともに、続く甘さの余韻。
力強いお酒なんですが、決して料理の邪魔はせず、どんなつまみでも美味しく食べられる。
ロックもいいんですが、お湯割にした方が香ばしさが伸びるかもしれませんね。
さすがに人気の芋焼酎ですね。本当に旨い。



で、この佐藤黒麹。

たくさんの焼酎を扱っている飲食店では、あちこちに置いているところもありますが、自分で購入しようとするとすごいプレミアがついていて、なかなか買うことができません。

佐藤黒麹の定価は地方によって違います。
関東地方では1.8l 3350円、720ml 1680円。

この春にも値上げがあって、定価でも決して安い焼酎ではありませんが、それでもその価値は十分あるでしょう。この値段で買えるなら、欲しいところですよね。

一方で、酒のディスカウントショップなどで売っている様子はというと・・・

佐藤黒
1.8lで10000円です。定価の3倍ですね。

佐藤黒
720mlでも6000円以上。こちらも手が出る値段ではありません。

そして、このお店ではこれらのプレミアム焼酎を、文字通り「手の届かないくらい高いところ」に置いてあるのが笑えます。お店の人を呼ばないと手にすることもできません。


佐藤黒
ひどいケース
いくら1.8lの佐藤は貴重だといっても、これは高すぎますね。
「おまたせしました」って、こんな高いもの誰が待っていたのでしょうか。

・・・・需要と供給のバランスが大きく崩れると、こんなことになるんですね。これは蔵元が儲けているわけではなく、間違いなく途中に悪質なブローカーがいることは明白です。では、どうすれば、このお酒を真っ当に買えるのか。


それでは、定価での購入方法を説明します。
①まず、佐藤酒造HPにアクセスして、近くの特約店を問い合わせて教えてもらいます。

HPにある、About:会社概要のページから[→送信フォーム]をクリックすると、佐藤酒造にメールが送れます。
自分の名前、メールアドレス、住所など書いて特約店を教えてほしい旨お願いして送信すると、とてもていねいな返信が来て、近所の特約店を教えてもらえます。

この先が重要なので、以下、その返信メールの一部を転載します。

「このようにおひとりずつ特約店を御紹介しておりますのは、
当社ホームページでもご説明しておりますとおり、
異常な高値での販売が横行しているからであり、
正規の価格で販売している特約店でお買い求めいただきたいと思うからです。

なぜ、異常な高値で販売されてしまうのかというと、
購入した人が、自己の利益を不当に上乗せして転売することが原因です。
そのために、買った人は不当に高い金額を払わなければなりません。
一方、異常な価格の商品を購入する行為が、購入した人にその気がなくても
不当な転売行為を間接的に認め、また支える行為になってしまっております。

その結果、転売行為がなくなることがなく、
ひいては本当に飲みたい人からお酒を遠ざけてしまうことになり、
そのことを私達は非常に悲しく思っております。
このように感じているのは私達造り酒屋だけではありません。
生産農家の皆さんをはじめ、特約店、飲食店にいたるまで、
消費者に適正な価格で楽しんでいただきたいと頑張っている人達は
同じように感じております。

私達は、特約店とともにご理解いただける消費者の方々を
一人ずつでも増やし、このような異常な流通を根絶させるべく
努力しているところです。
そのためには、こうやってお問い合わせをいただいた方に、
異常な価格の流通が本当におかしいことだということをご理解いただき、
適正な価格で販売している酒販店を知ることによって、
その結果、異常な価格での商品が売れなくなることが、
間接的ではあるかもしれませんが、転売行為をやめさせるための
根本的な解決策であると思います。

それと同時に、各特約店においては、ブローカーに売らないために、
来られたお客様としっかりとコミュニケーションをとり、
本当に飲みたいと思ってくださる方にお届けできるように
努力している次第です。

ですから、以下にご紹介する特約店に対し、ただ、電話だけで
あるかないかだけ問い合わせしても、特約店としても警戒しているので、
お断りする可能性が大きいのです。

私達造り酒屋と特約店の気持ちをどうか汲み取っていただき、
めんどうだとは思いますが、実際に特約店をお訪ねになられて、
店主の方とよくお話しされてみるのを強くお薦めいたします。」



②特約店に出向く。
メールの内容にもあるとおり、電話での問い合わせには特約店は応じません。
直接行って、お店の人に購入方法を尋ねる必要があります。



③その購入方法にのっとって購入する。
特約店によって、その販売方法はさまざまです。
定期的に頒布会をするケース、抽選をするケース、予約販売をするケースなど。
もともと需要に対して供給がわずかなのですから、出来るだけ公平に販売できるように特約店も考えているわけです。



ちなみに、僕が柏市の住所で送信した場合は、近所の特約店として、鎌ヶ谷市内と銚子市内の2軒を教えてもらうことができました。
鎌ヶ谷市内の特約店に出向いて尋ねると、HPのメール会員になれば月に一度の予約販売の情報が携帯にメールでもらえるとのこと。
さっそく会員になって情報を得、予約販売の日の朝に店頭に並んで購入した、という経緯です。




・・・・ちょっと、面倒と言えば面倒ですね。
そこまでするくらいなら、このお酒を置いている近所の飲食店で注文した方が早いかも、とも思いますが。

参考にしていただけると幸いです。
関連記事

 焼酎

6 Comments

shooooji  

自分に合う焼酎

なるほどそういうテクニックもあるんですね。

私はまだいろんな種類の焼酎を飲んで自分に合う
物を探してる所です。

2008/06/27 (Fri) 19:07 | REPLY |   

トキヤ  

shoooojiさん

いいものに出会えると、とても嬉しい気持ちになりますよね。
「海」も旨い焼酎だと思いますよ!

2008/06/27 (Fri) 22:59 | REPLY |   

kozy49  

No title

すごいですね。新鮮な話でした。

でもメーカー側が、高値になってることに対して懸念されてるというのはうれしいですね。
ファンになってしまいそうです。

2008/06/28 (Sat) 10:56 | REPLY |   

トキヤ  

kozy49さん

そうなんですよ。ブームに便乗して儲けてる輩たちに、ほとんどのメーカーも手を焼いているのが実情です。
悪質なブローカーをなくすには、消費者も賢くなる必要がありますよね。

2008/06/28 (Sat) 21:49 | REPLY |   

kou  

No title

なるほど・・・
今度は レベル高いですね。
やはり 苦労しないといいお酒は飲めませんね。
佐藤の麦届きました。旨かったです。

2008/06/30 (Mon) 12:44 | REPLY |   

トキヤ  

佐藤麦

飲まれましたか!
独特の香ばしさが、美味しいですよね。

2008/06/30 (Mon) 13:38 | REPLY |   

Leave a comment