Category Archives : 日本酒

小豆洗い - 2008/07/02(Wed)
今日の晩酌です。小豆洗い 特別純米原酒『「小豆とごうか、うまい酒飲もか。」川辺からこんな歌が聞こえてきた。それとともに、ショキ、ショキと、小豆を洗う音も聞こえてきた。面白がって近づくと必ず川に落ちる。こんな日は、どこかで無性に酒が飲みたくなる。』(ラベル裏面 口上より)・・・ちょっと、不思議な変わったラベルに、特別純米の文字。山形の蔵元、「杉勇蕨岡酒造場」のお酒です。この蔵は、「赤福助」や「かまい...
日本画のラベル - 2008/06/24(Tue)
久しぶりに日本酒をあけました。大観 熟成純米吟醸 白砂青松茨城県は日立の森島酒造の銘柄です。HPによると、この蔵の社長さんが同じ茨城県出身の日本画家「横山大観」と親交が深かったことよりつけられた名前がこの「大観」だそうです。そして、このラベル。まさに大観の「白砂青松」をそのまま使っているものなんですね。日本画が描かれているラベルって、珍しいと思います。この蔵のこだわりの純米吟醸酒を600日熟成させ...
村祐(むらゆう) - 2008/05/10(Sat)
今日の晩酌です。村祐純米大吟醸新潟市の蔵元、村祐酒造の渾身の逸品です。最近とても人気の日本酒ですね。あちこちの取扱店での売り切れ表示が目立ちます。やっと見つけて、買ってみました。素晴らしい吟醸香。全くアルコールを感じさせない甘い香りがします。そして、口に含むと米の甘みが口中に広がります。甘~い。通常の日本酒を期待するとちょっと戸惑いますが、そのあとしっかりしたキレがあって、後口に甘さを残しません。...
吉乃川純米大吟醸 昌和蔵 - 2008/05/06(Tue)
とても貴重なお酒をいただきました。吉乃川 純米大吟醸 昌和蔵新潟の蔵元、吉乃川酒造の作る渾身の銘酒です。年に2500本の限定酒。立派な桐箱に入っていました。越後の酒米「五百万石」の一等米のみを40%以上に磨き上げ、天下甘露泉を用いて手造りにこだわった酒(口上より)らしく、日本酒とは思えないほどフルーティーです。そしてスーッと入ってきたあとに、吉乃川らしいどっしり感が残る。白ワインのようにとても華やか...
すず音 - 2008/05/01(Thu)
今日は、スパークリング日本酒を開けてみました。一ノ蔵 すず音宮城県の銘酒「一ノ蔵」。その蔵元の作る瓶内発酵のにごり酒です。注ぐときには、ゆるく2回ほど瓶を上下させて、にごり成分をいきわたらせるとうまい。濁り酒特有のほんのりした甘さがあり、それでいてとても爽やか。香りもフルーティそのもので、まるでシャンパンを思わせます。よく冷やすといいですよ。アルコールも5度とビール並み。呑ん兵衛にはちょっと物足り...